FC2ブログ
ペットショップでの日常を中心に、お役に立てる情報も発信していけたらと思っています。
虹の橋
2012年04月01日 (日) | 編集 |



天国の、ほんの少し手前に、『虹の橋』と呼ばれる場所があります。


この地上にいるだれかと仲良くしていた動物は、死ぬとその『虹の橋』へ行くのです。


そこには、草地や丘がひろがっていて、動物たちはみんな一緒に、走り回って遊んでいます。


たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれて、みんな暖かく、幸せに過ごしています。



病気だった子も、年をとっていた子も、みんな元気を取り戻し傷ついたり、体が不自由だった子も、もとの元気な体を取り戻すのです。


まるで過ぎた日の夢のように・・・・・・。


みんな幸せに暮らしているけれど、ひとつだけ不満があります。


それぞれにとって特別なだれか、あとに残してきただれかがここにいないこと・・・・・・


それが寂しいのです。



動物たちはみんな一緒に遊んでいます。


でも、ある日、そのうちの一匹が足を止めて、遠くを見つめます。


その瞳はきらきらと輝き、体はたまりかねたように小刻みに震えはじめるのです。


突然、その子はみんなから離れて、緑の草の上を走りはじめます。



あなたを見つけたのです。


やっと出会えた二人は、抱き合って再会を喜びあいます。


そして、もう二度と離れることはありません。



幸せのキスがあなたの顔に降りそそぎ、あなたの両手は愛する友をやさしく愛撫します。


そして、あなたは信頼にあふれたその瞳をもう一度のぞき込むのです。


あなたの人生から長いあいだ失われていたけれど、その心からは一日たりとも消えたことのなかった瞳を。



それから、あなたたちは一緒に『虹の橋』を渡っていくのです。


(作者不詳)


『老犬との暮らし方がよくわかる本』 実業之日本社 監修/遠藤薫 162ページより抜粋





犬の一生
2012年03月13日 (火) | 編集 |

犬の一生は、長くて15~20年。

犬の一日は、人間でいう1ヶ月以上に相当するんだって。

それくらい長くて大切な一日。

10分遊んだだけでも最高に楽しくて、

20分散歩しただけでも最高に幸せで。



私たち人間が機嫌が悪かったり、イライラしていて、

ワンコに当たってしまっても、ワンコは何も分かっていなくて

自分が嫌われたんだ、ってただ悲しくて、

飼い主に好かれたい・・・って一生懸命愛想をふりまいて、

ボールを持ってきてみたり、飛びついてみたり・・・

でもイライラしている飼い主は、それに余計にイラついて、

ワンコを無視したり、する。

ワンコは、困った顔をして、悲しむ。

それでも飼い主に好かれたくて、一生懸命になる。



ワンコは、絶対に裏切らない。

どんなに無視をされても、迷惑がられても、

それでも飼い主が大好き。

そんなワンコの気持ちを、考えてあげたいなって思う。

ワンコは飼い主が大好きで、

飼い主のためなら何でもできて、

死ぬまで飼い主のそばで甘えていたい。

飼い主の言葉を理解しようと一生懸命になって、

飼い主のそばを離れたくなくて吠える。

すべては、飼い主のため。



飼い主の決めたトイレでちゃんとできなくて怒られたり、

家を守ろうとして吠えて怒られたり、

ワンコにしてみたら分からないことだらけで、

でも、でも、ワンコは飼い主がだ~いすき。

それを忘れないようにしなきゃね。

ワンコは飼い主が宇宙で一番大好き。

飼い主にもそうであってほしいと、きっとワンコは思ってる。



ワンコは飼い主に愛されたくて、一生懸命。

ワンコの一生は、飼い主に捧げられている。



作  すずき まや